直葬 費用を抑える新たな形態

直葬 費用を抑える新たな形態

葬式 や 葬儀 は行わず、 直葬 を選択するケースが増えてきています。

直葬(ちょくそう)とは、葬式は行わず火葬のみを行うことを指します。費用を抑えることができるという点も魅力の一つのようです。

通常、お葬式というと、火葬を行う前に、通夜や告別式といった形を執り行うのが通例ですが、直葬はそういった儀礼的なイベントを取り払っています。

直葬が増えてきた背景には、

・格差社会により葬儀費用を払うことが難しくなった
・葬儀そのものに疑問を感じる人が増えた
・希薄な家族関係が原因で、葬儀を行いたくないと思う人が増えた

などがあるようです。

他にも原因があるかもしれませんが、やはり一番の理由は葬儀費用にあるのかもしれませんね。

価格はあくまでピンキリですが、一般的な葬式でも最低100万円はかかってしまうので、その負担は相当なものになります。火葬のみだと20万円くらいで済んでしまうケースもあるようで、価格を抑えたいと思う人にとって、直葬はかなり魅力的に映るのだと思います。

直葬の問題点は、友人や近親者が別れの言葉を伝えることができないということにあるので、周囲の理解も必要になってきます。できれば、本人にもその辺りのことを前もって話し合っておくのもいいのかもしれません。

また、直葬は費用があまりかからない故、葬儀社によっては行いたがらないという話も耳にします。親身になってくれる葬儀社を選ぶことも大切になってきそうですね。

情報元:日経BP

タグ