裁判員制度 通知続々

裁判員制度 通知続々

2009年5月21日から始まる裁判員制度の候補者宛に、調査票とともに通知表が続々と届いています。

どちらかというと否定的な意見が多い裁判員制度、あなたのお手元に通知表は届いたでしょうか?

今回届いた裁判員制度の通知は、これですぐに裁判所に行かなければならないわけではありません。同封の調査票に事項を明記し、これにより、明瞭な辞退理由が認められる場合は、裁判所に呼ばれることはありません。

その後、事件ごとにくじにより裁判員候補が決定し、呼出状、質問状が候補者の手元に届きます。

この際の質問票で、辞退が認められる場合もあります。

その後、裁判所に行き、裁判長から裁判員候補としてふさわしいかどうかの質問が行われ、選任、不選任が振り分けられていきます。

裁判員制度に関しては、まだまだ認知不足というか、裁判員制度が始まることは知っていても、詳細な内容については多くの人が知らないのではないでしょうか。

現在、ブログ等で裁判員制度の通知を公開していることが問題になっていますが、裁判員には守秘義務があるため、裁判員法に抵触する恐れがあります。

重大な刑事事件を扱う裁判員制度。単純にやりたくないという人も多いようですが、やはり顔を知られてしまうので、仕返しなども怖いところです。他にも様々な問題点が浮き彫りになっていますが無視されたまま、制度そのものが一人歩きしてしまっている感じは否めません。

情報元:Wikipedia

タグ