初めての物件選び 失敗しない4つのポイント(4)

初めての物件選び 失敗しない4つのポイント(4)

<ポイント4>
親切な担当者に出会えたら名刺をもらっておく

引っ越し・物件選びが初めて、または経験が浅いという場合、ビギナーとしては何かと不安がつきものですが、前述のように、契約を取れれば何をしてもいいと考えている風な担当者も多かったこともあり、正直、不動産仲介業の担当者に関しては、嫌な思い出ばかりが残ってます。

例えば、とある賃貸仲介業者の店舗に行った時、

「○○ですが、××さんはいらっしゃいますか?」
「××は本日お休みですね」
「え・・・今日約束をしてたんですけど」
「そうですか・・・××は休みなので、よろしければ私がうかがいますが」

と、約束をしていたのにすっぽかされたこともありました。

初めての引っ越し

引っ越し先も見つからず、レオパレスの契約終了日も間近まで迫り、内心かなり焦っていた頃。まずまずいい物件が見つかり、実際に見てみても悪くなさそうだったので、ここにしようと思っていたところ、その時の担当の人から「止めた方がいいですね」の言葉。

訊いてみると、隣の部屋が家族住まいで小さな子供がいるようなので、騒音とかが気になるので止めた方がいいとのこと。(その物件は1階、2階に2部屋ずつ、いずれも角部屋のアパートで、隣の玄関先に子供用玩具が散乱していたことをチェックされてました)

正直、自身は契約する気満々でいたので、黙っていても良かったわけですが、入居者のことを考えてわざわざ忠告してくれたことにかなり驚きました。(それまでの担当者がひどかっただけに)

その担当の人はその後も親身に物件を探してくれて、実際に連絡もくれました。(それまでの担当者は、物件探しておきますと言っておきながら、連絡してくれたことは無し)

最終的に無事物件も決めることができて、ホッと胸をなで下ろしました。最後の最後でいい担当の人にも出逢うことができて、世の中悪いことばかりじゃないんだなとしみじみと思いました。

今後また引っ越しをする際は、同じ担当の人にお願いした方が気持ちよく物件探しをすることができるので、素敵な担当の人に出会えたら、忘れずに名刺をもらっておくことをおすすめします。

123|4

タグ