リップスティック効果が不況の影響で顕著に

リップスティック効果が不況の影響で顕著に

長引く不況の影響で、リップスティック効果が顕著になってきているようです。

リップスティック効果とは、高い買い物はあきらめて、比較的リーズナブルな金額の品物で購買意欲を満たそうとすること。ブランドもののバッグはあきらめて、同じブランドのリップスティックにしようとすることから、リップスティック効果と呼びます。

トヨタの赤字決算予想の衝撃、朝日・毎日・産経新聞が軒並み赤字決算など、とどまることを知らない不況の荒波。

今年の冬のボーナスも前年に比べて大幅ダウンの平均58万円になるとのこと。欲しいものを買いたくても買えない負のスパイラルは、ますます強まりそうです。

そのため、ブランド品は欲しいけれど、余裕のある収入はないという若い世代は、財布や化粧品といった小物類で何とか購買欲を見たそうとするようです。

2009年も、2008年と変わらない不景気が続くのではないかとみる意見もある中、それでも、下を向かずに気持ちだけでも前向きに乗り切っていくしかないですね。

情報元:goo

タグ