アクアクララ 放射能に関する公式見解

アクアクララ 放射能に関する公式見解

ウォーターサーバーのAquaClara(アクアクララ)が、放射能除去に関する公式見解を発表しました。

福島原発の事故以後、東京、埼玉、千葉、茨城、栃木の関東圏の浄水場から、乳児の安全基準を超える放射性物質(放射性ヨウ素131)が次々と検出されたことから、放射能への脅威、心配は日に日に広がっています。

ウオーターサーバーのアクアクララでは、原水に対し逆浸透膜(RO膜)と呼ばれる高性能フィルターによるろ過を行っていて、逆浸透膜の穴の大きさと放射性物質の大きさから、理論上は放射性物質の除去ができると公式見解を発表しています。

ニュースで頻繁に耳にするヨウ素、セシウムをはじめ、プルトニウム、ウランといった放射性物質を除去可能ということで、ウォーターサーバーの導入を検討している人にとっては、大きな安心材料になるのではないでしょうか。

また、当然のことですが、取水地が法律で規定された基準値を超えた場合は、アクアクララが原水として使用することはありません。それでも、万が一放射性物質が含まれていた場合でも、除去ができるというのは安心感が違うと思います。

おいしい水の宅配サービス アクアクララ

CMでもお馴染みのAquaClara(あくあくらら)には、水もお湯も好きなときに飲める、重いペットボトルを運ばなくて済むなどのたくさんのメリットがあります。

一般の浄水器にはない0.0001ミクロンの大きさの逆浸透膜を通すことで、安全で美味しい水を飲むことができます。(浄水器は活性炭で1ミクロン、中空糸膜で0.01ミクロン)

また、アクアクララの水は軟水なので、赤ちゃんの粉ミルクを作るのにも適した水。赤ちゃんや小さな子供でも安心して飲むことが可能です。

タグ