燃油サーチャージ 10月から復活の見通し

燃油サーチャージ 10月から復活の見通し

燃油サーチャージ が、2009年10月から 復活 の見通しとなっています。

燃油サーチャージを復活する予定となっているのは、日本航空(JAL)と全日空(ANA)です。

燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)とは、燃料代の油に対して徴収される料金で、飛行機代などとは別のもの。燃油代が相場により大きく変動することから、その相場価格に応じてサーチャージ代として徴収します。

そのため、燃料代が下がった場合、2009年7月〜9月に一旦廃止されたように無料(0円)とするケースもあります。

7月から燃油サーチャージが無料になって、海外旅行利用者が増加傾向となっていただけに、また復活してしまうと、飛行機利用者減へとつながってしまう可能性がありますね。

利用者側からしても、航空運賃とはまた別に燃料代が取られてしまうというのは、何とも腑に落ちない部分でもありますが、燃油代の相場が大きく変動してしまうことを考えると致し方ないのか……

燃油サーチャージ代は、航空会社によって価格がマチマチなので、どの航空会社がお得かを見極めて、総合的に判断する賢い目も必要になってきそうです。

情報元:マイコミジャーナル

[関連記事]
江戸味覚食い倒れツアー はとバス
激安旅行登場 1泊2食付が109円!?

タグ