青森旅行記

青森旅行記

GW(ゴールデンウィーク)に青森に旅行に行ってきましたので、簡単な旅行記を記してみたいと思います。

主に津軽地方のことを書いていきます。

津軽地方というと、何と言っても津軽鉄道が有名です。夏は風鈴列車、冬はストーブ列車が知られるところですが、5月のこの時期は特に何もありません。

青森旅行記

運が良ければストーブの付いた列車に乗ることができます。


それでは、まずは五所川原駅にある立佞武多の館(たちねぷたのやかた)に行ってみましょう。

青森旅行記

1階は青森のおみやげなどが並んでいます。一通りのお土産が揃っているので、買い物にも便利です。

奥の方に行くと、有料ですが立佞武多が展示されていて見ることができます。エレベーターで最上階へ行って、そこからぐるりと立佞武多の周りを回るようにして下りていきます。

青森旅行記

とにかく大きい! 22メートルくらいの高さがあるみたいですね。実際に見たことはないのですが、ねぷたまつりの時は立佞武多が街中を練り歩くことになるわけで、かなり壮観な眺めになると思います。

立佞武多の館HP


五所川原駅からもう一つ。

徒歩では行くのは厳しいので車で行くことになりますが、津軽金山焼の焼き物市のようなものがやっていました。趣のある皿やマグカップといった焼き物をお手頃価格で購入することができます。陶芸教室もやっているようですね。

青森旅行記

これは焼く前かな?

津軽金山焼HP


次は、嘉瀬駅からほど近いスキー場への山登りについて。

山登りというのはかなり大げさで、ちょっと坂道を上ったりするくらいです。嘉瀬スキー場とあったので、冬はスキー場としてにぎわっているのかな?

青森旅行記

山際からの景色はなかなか壮観です。

青森旅行記

かなり見にくいですが……

青森旅行記

山中にはゼンマイが生えていました。

特に何かがあるわけではないですが、ちょっとした散歩にいいですね。嘉瀬スキー場は、嘉瀬駅から東の方に少し歩くと見えてきます。


次は金木駅の斜陽館です。

青森旅行記

斜陽館は有名な観光スポットなので、わざわざ説明の必要もないと思いますが、小説家太宰治(だざいおさむ)の生家となっています。有料で家の中をぐるりと見て回ることができます。太宰治ファンの方は必見といえるでしょう。


次に十三湖近辺について。

十三湖は、津軽中里駅からさらに北西へ進んだところにある湖で、五所川原駅からバスも走っています。確か津軽中里からもバスがあったと思います。ただ、十三湖は広いので、自家用車かレンタカーで行った方が便利ですね。

青森旅行記

十三湖はしじみで有名で、しじみラーメンを出しているお店もいくつかあります。なかなか美味しかったです。(写真を撮るのを忘れてしまいました……orz)

青森旅行記

道の駅の十三湖高原トーサムグリーンパークには、何と滑り台があります。

青森旅行記

ここからスタート。

下がローラーになっていて板を使って滑るんですが、結構なスピードが出ます!! 下手をすると前の人にぶつかってしまいますね。お子さんが大喜びだと思うんで、子供連れなら是非来てみたい場所です。

道の駅十三湖高原トーサムグリーンパークHP

タグ