ニッポン食の王座決定戦 金澤烏鶏庵たまご(卵)

ニッポン食の王座決定戦 金澤烏鶏庵たまご(卵)

日テレ ニッポン食の王座決定戦究極のご飯のお供対決で、金澤烏鶏庵のたまご(卵)が紹介されました。

西の料理人が選ぶ究極のご飯のお供第1位に輝いた玉子は、金澤鳥鶏庵の「天来烏骨鶏の卵」です。西の代表として、鈴木杏樹さんがリポートしました。

金澤烏鶏庵 烏骨鶏の卵

希少な烏骨鶏の卵で作った濃厚かすていら【金澤烏鶏庵】

金澤烏鶏庵(かなざわうけいあん)の烏骨鶏(うこっけい)タマゴは、普通の玉子に比べて卵黄の割合が大きく、弾力があり、箸でつまんでもつぶれない強靱さが魅力になっています。日本一高いたまごとも言われています。

石川県金沢市の農場センターで飼育される烏骨鶏は、自然に近い環境で育てられています。飼料も金沢烏鶏庵で独自にブレンド、漢方薬や契約農家から届けられる野菜をベースに配合しています。

ちなみに、大寒たまごという鳥骨鶏たまごの最高級に位置するタマゴもあり、1月大寒の日に生まれるタマゴということになります。これは、大寒の日に産まれた卵を食べると金運が上がるという言い伝えに由来します。そのため、大寒卵は予約販売となっています。

希少なたまごなので、朝食に食べると、その日1日がハッピーになりそうな予感がしてきますね。

ニッポン食の王座決定戦では玉子が紹介されましたが、金沢烏鶏庵ではカステラが有名です。

金澤烏鶏庵の烏骨鶏かすていらは、天来烏骨鶏の卵を使用しているので、一般のカステラとは違う濃厚な風味が特徴です。カステラの他、プリンやバームクーヘンでもその味わいを堪能することができます。自宅用はもちろん、贈答用、ギフト用としても喜ばれている逸品です。

【金澤烏鶏庵】公式サイトはこちら

タグ