悲痛の涙 飯田圭織の長男が急死

悲痛の涙 飯田圭織の長男が急死

元モーニング娘。の飯田圭織(いいだかおり)さんの長男が、7月27日に慢性腎不全で亡くなっていたことがわかりました。

わずか6ヶ月の命での急死。飯田圭織さんの心中は計り知れません。

出生当初から腎臓が悪かったようで、治療を続けていたものの、7月27日に容態が悪化しその短い生涯に幕を閉じることになってしまいました。

慢性腎不全(まんせいじんふぜん)は、その名の通り腎不全を慢性的に患ってしまう症状。

腎不全とは、腎臓の機能が正常な人の50%以下しか働かず、このパーセンテージが下がるに従って、軽度の貧血、高窒素血症、夜間尿などが見受けられるようになり、重度になると尿毒症などを引き起こし、死に至る病気です。

飯田圭織さんは、愛息の死にショックを受けていましたが、息子のためにも何とか乗り越えようと頑張っているようです。

お腹を痛めて産んだ赤ちゃんがわずか6ヶ月の命で亡くなってしまう衝撃は、他人からは想像することしかできませんが、世界が消えてなくなってしまうくらいの、どうしようもなくつらい悲しい出来事であったと思います。

現在は、少しずつ前向きな気持ちになっているようですので、何とか立ち直ってもらいたいですね。

タグ