浅田真央 GPファイナル 逆転優勝

浅田真央 GPファイナル 逆転優勝

フィギュアスケート グランプリ(GP)ファイナルが行われ、ショートプラグラム2位の浅田真央は、フリープログラムで1位を獲得、合計188.55の得点で見事逆転優勝を飾りました。

真央ちゃんこと浅田真央(あさだまお)は、トリプルアクセルを2回跳び見事成功するなど、仮面舞踏会の曲目に乗って、表現力、技術力共に高い演技を披露。1回転倒するミスもありましたが、見事に逆転優勝を果たしました。

一方、ショートプログラム首位の韓国の金妍児(キム・ヨナ)は、転倒とジャンプミス、大きなミスが2回あったのが響きました。浅田真央の演技も素晴らしかったですが、キム・ヨナのミスも影響した結果となりました。

浅田真央のGPファイナル優勝は3年ぶり。その時はまだあどけない15歳でしたが、今ではすっかり大人の魅力を醸し出すまでになりました。

ライバルのキム・ヨナに競り勝ってのグランプリファイナル優勝に、本人も嬉しいと思います。まだまだ伸びていきそうな気もしますし、今後の活躍にも大いに注目です。

タグ