浅田真央がNHK杯で優勝 GPファイナル出場者決まる

浅田真央がNHK杯で優勝 GPファイナル出場者決まる

フィギュアスケートのGP(グランプリ)シリーズ第6戦・NHK杯の2日目が11月29日に行われ、前日のショートプログラム首位の浅田真央が優勝を果たしました。

加えて、GPファイナルの出場者も決定しました。

フリーの演技でも安定した滑りを見せた浅田真央(あさだまお)が貫禄の優勝を果たし、グランプリファイナルへの出場者も以下のように決まりました。

1.キム・ヨナ(韓国)
2.ロシェット(カナダ)
3.浅田真央(日本)
4.コストナー(イタリア)
5.中野友加里(日本)
6.安藤美姫(日本)

GP(グランプリ)ファイナルは、オリンピック、世界選手権と並んで、フィギュアスケート世界三大大会といわれている大会の一つ。

グランプリファイナルへ出場できる選手は、10月〜12月の間に世界各国で開催されるグランプリシリーズで結果を残した上位6名のみ。

安定した実力を誇る6名だけあって、拮抗した戦いが見られるものと思います。

女子フィギュアスケートでは、韓国のキム・ヨナがその実力を遺憾なく発揮していますが、日本勢の浅田真央、中野友加里、安藤美姫がどれだけ食い下がってくれるか、特に浅田真央の滑りには注目が集まりますね。

GPファイナルは、12月10日〜14日に韓国で開催。テレビ朝日系列でも放送の予定です。

タグ