スープ飯 普及化計画

スープ飯 普及化計画

余り物のご飯にスープを入れて食べる スープ飯 の人気がじわじわと高まっています。

スープ飯 は 味の素 のブランド クノール が スープ飯普及委員会 を発足、 スープ飯普及化計画 を推進していることでも知られています。

クノールからは、ふんわりたまごスープをはじめ数多くのスープが発売されていますが、この卵スープを始めとするクノールのスープとご飯を一緒にしたものがスープ飯です。

とっても簡単にできあがるのが魅力で、忙しくて時間がない人にピッタリ。このスープ飯に野菜などをプラスすることで、栄養面でもバランスの取れたものになり、1つの食事としても恥ずかしくないものになります。

そのため、スープ飯をいろいろアレンジして食べることも人気となっていて、味の素のHPでも様々なレシピが公開中です。

スープとご飯だけだと、栄養面でちょっと不安が残りますが、野菜などをトッピングすることで、味も変わっておいしいものができあがりますね。

寒い時期は温かいものが食べたくなりますし、スープ飯はお茶漬け感覚で手軽に食べられるのもGOOD。自分なりのおいしいスープ飯を発掘してみるのも楽しみの一つになりそうです。

情報元:スープ飯普及委員会

[関連記事]
プゴク と ダシダ でぷるぷる肌を目指そう
ドクターキッチン プレミアムデリダイエット

タグ