加藤ミリヤ ベストアルバムで最年少首位

加藤ミリヤ ベストアルバムで最年少首位

シンガーソングライター 加藤ミリヤ が、自身初のベストアルバム「BEST DESTINY」で、オリコンアルバムチャート1位を獲得、これまで宇多田ヒカルが持っていた「シンガーソングライターのベスト盤1位獲得最年少記録」を塗り替えました。

これまでの記録は、宇多田ヒカルの21歳3ヶ月でしたが、加藤ミリヤは20歳4ヶ月と11ヶ月更新した形になります。

加藤ミリヤは、シンガーソングライターとして2004年9月8日に「Never let go/夜空」でデビュー。これまでに13枚のシングル、4枚のアルバムを発売。等身大の姿を歌の中で表現し、10代〜20代の女性を中心に共感を得ています。

艶のある大人っぽい声色が特長ですね。楽曲も覚えやすい感じです。

シンガーソングライターのベスト盤という、かなり条件付の1位ですが、それでもCDが売れなくなっているこのご時世で新記録樹立は、本人にとっても良い刺激になりそうですね。

タグ