国内最高齢キリン タカヨ 30歳で永眠

国内最高齢キリン タカヨ 30歳で永眠

北海道円山動物園の国内最高齢キリン「タカヨ」が、2008年11月2日の朝に30歳で亡くなりました。死因は老衰と見られています。

円山動物園のマサイキリン・タカヨは、1978年4月10日に円山動物園で生まれ、これまでに計13頭のキリンを出産。2006年10月26日には日本最高齢での出産も記録しましたが、こちらのキリンは残念ながら約7時間で亡くなっています。

キリンの30歳は、人間でいうと100歳を超える年齢にあたりますが、生涯を円山動物園で全うしたことになります。通常、キリンの寿命は20歳くらいとされているので、それよりも10年長生きしたことになります。

これだけの年齢で、2年前には出産も記録しているというのはすごいですね。動物の生命力というか、生に対するひたむきさを感じさせてくれます。

人気者のキリンが亡くなってしまったのは残念ですが、安らかに眠ってもらいたいですね。

タグ