日経トレンディ 2008年ヒット商品ベスト30 発表

日経トレンディ 2008年ヒット商品ベスト30 発表

月刊誌「日経トレンディ」が毎年行っているヒット商品ベスト30の2008年度分が発表され、1位には「PB(プライベートブランド)」が輝きました。

日経TRENDYが発表しているヒット商品は、その年の世相などを如実に反映しているので興味深いですが、1位以下の商品は以下の通りとなりました。


『日経トレンディ 2008年ヒット商品ベスト30』


★ 1位 PB(プライベートブランド)

今年は相次ぐ食品の値上げによって、家計が圧迫された年でもありますが、ひっ迫する家計を助けてくれたのが、このプライベートブランドと言えるでしょう。

プライベートブランドは、ある一定の規模を持つチェーンストアが、製造を担当する会社との共同開発により生まれた商品で、コストを削減できながら、高品質の商品を提供することが可能となりました。

値上げラッシュが続くナショナルブランドはあきらめて、プライベートブランドに走った人も多いのでは。

PBが1位というのは地味な感じもしますが、それだけ、人々の生活に浸透した結果と言える気がします。


★ 2位 Eee PC

Eee PC(イーピーシー)は、台湾製の低価格がウリのミニノートパソコンブランド。

2008年1月25日に発売されて以降、瞬く間に市場を席巻しました。

一部の製品にウイルスが混入するという騒動もありましたが、ここでも低価格商品が支持された結果となりました。


★ 3位 Wii Fit

Wii Fit(ウィーフィット)は、2007年12月1日に発売された任天堂のゲームソフト(及びその機器)。

DSやWiiで、任天堂は新たなゲームの遊び方を提唱してきましたが、このWii Fitも、その流れを汲んだ製品と言えるでしょう。リビングで、ヨガ、筋トレ、有酸素運動などを行うことができ、健康管理が気になる年代の人に受けたようです。

ゲーマーの視点から見ると、Wii Fitが250万台以上売れているというのは予想できないことですが、任天堂の視点が斬新だった点がここでも評価されました。


4位以下の商品は以下の通りです。

4位 アウトレットモール
5位 ゼロ飲料
6位 鉄道博物館
7位 BBクリーム
8位 H&M
9位 ブルーレイディスクレコーダー
10位 ケシポン
11位 iPhone(アイフォン)3G
12位 ファンタふるふるシェイカー
13位 ジェロ
14位 B型自分の説明書
15位 シャワークリーンスーツ
16位 花畑牧場生キャラメル
17位 クロスウォーカー
18位 プレミアムローストコーヒー
19位 デジタルフォトフレーム
20位 ニコチンパッチ
21位 レインブーツ
22位 スープdeおこげ
23位 めぐりズム
24位 クルトガ
25位 クッキングトイ
26位 リキッドガム
27位 崖の上のポニョ
28位 チーザ
29位 カレー鍋
30位 富士登頂

【情報元】
2008年ヒット商品:1位はプライベートブランド Wiiフィットは3位 任天堂商品「3連覇」逃す

タグ