プリウス インサイト が 2009年ヒット商品の1位

プリウス インサイト が 2009年ヒット商品の1位

トヨタ の プリウス 、 ホンダ の インサイト が、エコカー減税も手伝って、日経トレンディが選ぶ2009年ヒット商品ベスト30の第1位に選ばれました。

鳩山首相が温室効果ガス25%削減を打ち出すなど、より一層環境問題への取り組みが重要視される情勢で、環境に優しいハイブリッド車、プリウスとインサイトが2009年の顔に選ばれました。

環境に配慮したハイブリッド(HV)車は、ユーザーの間でも関心はあったものの、高価な値段がネックとなって、なかなか普及していくまでには至らなかった状況で、エコカー減税と相まって購入しやすい金額になったと消費者の目に大きく止まったのが、ホンダのインサイトでした。

ホンダのインサイトが高い評価を得る中で、負けじとトヨタのプリウスが発表され、一気にハイブリッド車への関心が高まっていった感じですね。こうして、二社以上が競争していくことで、よりよい製品がより求めやすい価格で提供されることになるので、いろいろな点で、2009年は非常に大きな流れだったのではないでしょうか。

日経トレンディ 2009年ヒット商品ベスト30の1位はプリウスとインサイトでしたが、2位はKIRINのビール キリンフリー、3位はニンテンドーDS用ソフト ドラゴンクエスト9でした。

2位のキリンフリーは、アルコールがゼロというのが大きな支持を得た格好です。個人的に、アルコールゼロでも売れるというのは、ちょっとした驚きでした。

3位のドラクエ9は、すれ違い通信が大ブームとなりました。シリーズ初の携帯機ということで、発売前は賛否両論ありましたが、ゲームの新しい遊び方を提示したと言えるのではないでしょうか。

2009年は、プリウス、インサイトが1位に輝きましたが、2010年はどんなヒット商品が飛び出すのかも注目ですね。

情報元:毎日jp

[関連記事]
日経トレンディ 2008年ヒット商品ベスト30 発表
温室効果ガス 25% 削減 2020年までに達成できる?
エコカー減税は中古車も対象

タグ