鏡餅 の 飾り方

鏡餅 の 飾り方

鏡餅 の 飾り方 について紹介したいと思います。

お正月の風物詩の一つ鏡もちですが、いつ頃から飾ればいいのか、飾り方に決まった形式があるのかなど、参考にしてみて下さい。

一般的な鏡餅の飾り方としては、白木などの三方に半紙を敷き、その上に裏白を載せ、大きさの異なる餅を2つ並べ、さらにその上に橙を載せます。

鏡餅

飾り付けとして、裏白と一緒にするめを置いたり、扇をおもちの後ろに飾ったり、串柿をおもちと橙の間に挟んだり、昆布を2つの餅の間に挟んだりします。この辺りの飾り付けは、家庭によってアレンジを付けてみてもいいと思います。

ちなみに、三方とは下に置く台のこと。裏白(うらじろ)とはシダのような植物のことです。

そもそも、何故お正月におもちを食べるのか?というと、平安時代の伝統行事、歯固めの儀が始まりであるといわれていて、餅は長く伸びてなかなか切れないことから、長寿と末永い健康を祈願したとされています。

今では、スーパーなどでパック詰めされた鏡餅が発売されたりして手軽に鏡餅を楽しめるようになっていますが、たまには厳かに、豪華に鏡餅を飾ってみると、いい1年を過ごすことができるかもしれませんね。

鏡餅を飾る時期としては、12月28日が最も良いとされています。8の数字が末広がりで縁起がいいためです。一般的に、29日は9の数字が苦につながるので良くないとされ、31日も一夜餅になってしまうので良くないとされています。

なお、鏡開きは1月11日が一般的といわれています。

タグ