Gumblar ガンブラー 対策

Gumblar ガンブラー 対策

2009年12月頃から、Gumblar ( ガンブラー )ウイルスが猛威を振るい始めていて、インターネット利用者はガンブラー対策が必須となってきました。

ウイルス対策ソフト会社大手、ノートンのシマンテックやウイルスバスターのトレンドマイクロも注意を呼びかけています。

ユーザーができるガンブラー対策・駆除についてまとめてみましたので、不安に思っている方は参考にしてみて下さい。

Gumblar(ガンブラー)攻撃とは、正常なホームページを改ざん(WEBデータを書き換え)し、不正なJavaScriptを埋め込むなどして、ユーザーが意図しないホームページに誘導したり、不正なプログラムに感染させようとするものです。

Gumblarの問題が大きくなっている背景には、有名企業サイトが次々と被害にあっている事実にあります。

JR東日本、ローソン、京王電鉄といった有名企業のホームページが次々と改ざんされ、ついには、検索大手のYahoo!もその被害にあっていることが判明しました。

「鏡リュウジの星に願いを」を閲覧になったお客様へご確認のお願い

これだけ、ガンブラーが猛威を振るっている現状では、しっかりとした自己対策をする必要があります。

・セキュリティホール対策を行う

Gumblarは、Adobe ReaderやFlash Playerなどの脆弱性を狙ってくるケースがあります。そのため、現在使用しているソフトは最新版に保ち、セキュリティホールをふさいでおくといいでしょう。合わせて、Windows Updateもしっかり行っておくことが大切になります。

・セキュリティソフトを使う

インターネットユーザーではもはや常識となっていますが、ウイルス対策ソフトを使うことは非常に重要です。ガンブラーのみならず、多種多様なウイルス、スパイウェアが横行している状況で、セキュリティソフトを使わずにインターネットにつなぐことは、もはや無謀といっていいでしょう。

どのセキュリティソフトを使えばいいかわからない場合は、セキュリティソフト大手のシマンテックやトレンドマイクロがおすすめです。無料体験もあるので、ガンブラー対策を行いたい場合はチェックしてみましょう。

ウイルスバスター トレンドマイクロ・オンラインショップ

シマンテックストア

[関連記事]
シマンテックストア でセキュリティ対策
GData 2010 インターネットセキュリティ

タグ