偽のウイルス対策ソフトが流行

偽のウイルス対策ソフトが流行

パソコンを使う者にとって、ウイルス対策ソフトの導入はもはや不可欠ですが、偽のアンチウイルスソフトを使わせて、逆にウイルスに感染させる手口が横行しています。

ウイルス対策を行っている会社がいくつか調べ上げ、中にはクレジットカード情報を盗み出すものもあるとのことなので、注意が必要です。

以下のような偽のアンチウイルスソフトが確認できています。あくまで判明しているウイルスなので、これ以外なら安心というわけではありません。

「AntiVirus XP 2008」「Spyware Remover」
「WinAntiVirus」「WinAntivirusPro2006」「WinAntivirusPro2007」
「AdvancedPrivacyGuard」「Alphawipe」「AntiSpyware」
「AntiSpywareExpert」「AntiVirus2008」「Doraibuhogo」「DriveCleaner」
「HadodoraiBugado」「NetTurboPro」「SpyDajaba」「SupaShuri」
「VirusRemover2008」「VirusVanguard」「WinAntiSpyware」「WinFixer」
「WinXProtector 2.1」「XPAntivirus」「XPSecurityCenter」

これらは、大体がウイルス対策会社を装ったメールから被害にあっているようなので、やはり身に覚えのないメールには細心の注意を払う必要があるでしょう。

万が一ウイルス対策ソフトを導入していないという人は、後悔する前に、今すぐにでも導入することをおすすめします。

【情報元】
偽ウイルス対策ソフト、横行…実はウイルス、数十種類も
偽の警告を見分けよう、信頼できないウイルス対策ソフトに注意

タグ