ドギーバッグで食べ残しを持ち帰ろう

ドギーバッグとは、食べ残した料理を持ち帰るための専用容器です。

もったいないという気持ちから、ドギーバッグを利用する人が増えている他、飲食店側でも、食べ残した料理の持ち帰りサービスを実施しているところもあります。

レストランなどの飲食店で食事をした時に、食べきれずに残してしまった経験はないでしょうか?

その時にもったいないと思っても、恥ずかしくて持ち帰りたいとは言い出せない人は多いと思います。

海外ではレストランなどで食べ残した料理を持ち帰るのは普通ですが、日本ではそういった習慣は根付いていません。

ただ、外食産業での食品廃棄物は年間約300万トンにのぼるといわれ、また、家庭なども含めた食品廃棄物の排出量は約1900万トンとも言われています。

世界中には、食べ物がなく飢餓に苦しんでいる人達がいるのに、こんなことでいいのかという思いを抱く人は少なくないでしょう。

ドギーバッグは、洗って繰り返し使えることも利点です。ドギーバッグを利用することで、こういった無駄を少しでもなくすことができれば、いろいろな点で好影響をもたらすことができるかもしれません。

日本であまり普及していないのは、食中毒の心配があるからですが、それぞれが自己責任であることを認識し、早めに食することを心がけることで解決できるのではないでしょうか。

エコもそうですが、こういった問題は1人1人が少しずつでも意識していくことが大切ですね。


生活

みんなでニュース for mobile