快眠 安眠 の 方法

快眠 安眠 をしてぐっすり眠りたい。夜上手に寝付けない、快適な睡眠を得られないという人にとって、快眠 安眠 の 方法は気になるところだと思います。

人生の1/3を過ごす睡眠は、健康を考える上でもとっても大事。ぐっすり眠るにはどうすればいいか、快眠・安眠の方法として、参考になる記事を見つけたので紹介したいと思います。

マイコミジャーナル

快眠・安眠を得るにはどうすればいいか、上記の記事の中で既に一般的になっている事柄もあると思いますが、個人的に参考になったのは、カフェインのことと、心配事を持ち込まないということでしょうか。

珈琲が好きという人は多いと思いますし、毎日飲んでいるという人もかなりの数に上ると思います。カフェインには覚醒作用がありますが、摂取してから8時間〜14時間ほど体内に残るということなので、仮に夜中の12時に就寝するとすると、午後2時以降はカフェインは摂らない方がいいということになります。

昼食後に眠くなってしまって、缶コーヒーを飲むというのは日常茶飯事かもしれませんが、不眠に悩まされている人は控えた方がいいかもしれませんね。

次に、布団に入ってもなかなか眠れない、頭が冴えてしまうという人は、就寝してからもいろいろと考え事をしてしまうケースが少なくないと思います。

眠りについてからも、悩み事や心配事が頭の中を駆けめぐってしまう場合は、寝る前に悩み事や心配事を書き出してみるといいようです。

確かに、頭の中で考えているだけだとごちゃごちゃして考えがまとまらないということがありますが、書きだして文字に表してみることで、思いの外考えが整理されるということもあります。一度試してみる価値はありそうです。

以上のことは簡単に実践できることですが、それでもどうしても眠れないという人は、快眠枕などの快眠グッズを利用してみるなどして、快眠、安眠を目指していきましょう。

[関連記事]
マスク 通販 在庫あり 新型インフルエンザ対策
ヌーススピリッツ ヌースマインド


生活

みんなでニュース for mobile