小中学生 携帯所持の是非

有害サイトの閲覧、学校裏サイトによるいじめ問題など、子供が携帯を持つことの問題点が浮き彫りになるに従い、小中学生が携帯を持つべきかどうかの議論が活発になり始めています。

あれば便利な携帯電話。それに依存してしまうのは問題ですが……

携帯

現在、国や自治体で、携帯不所持の方向で議論が高まっていて、保護者の間でも賛否両論あるものの、賛成意見が多くを占め、携帯を持たせる場合でもルール化すべきという意見が大半です。

親の立場からすると、すぐに連絡が取れる、GPS機能によって今どこにいるかがわかるといったメリットがある一方で、先述のようなデメリットもあります。

子供自身にとっても、小さなうちから携帯に依存する生活に陥ってしまう危険性は避けなければならないでしょう。

大きくなれば、ほぼ必然的に携帯は所持することになるわけで、子供の頃はなくてもいいんじゃないかなと思います。

携帯がないことで、簡単に友達や家族と連絡が取れないことは、その人の存在の大切さを感じられるきっかけになるかもしれないですし、実際に会って話をする機会も増えるかもしれません。

また、携帯がない不便さも、アイデアで補える知恵を身につけていくことも楽しいのではないでしょうか。

情報元:J-CASTニュース


生活

みんなでニュース for mobile