西友が他社チラシ価格照合制度を開始

スーパー大手の西友が、他社のチラシを持参することで、店頭表示価格をその広告の価格に引き下げる「他社チラシ価格照合制度」を開始しました。

消費の冷え込みが懸念される昨今、売上増の起爆剤となるのでしょうか。

他社チラシ価格照合制度

食料品、日用品、家電などが「他社チラシ価格照合制度」の対象となりますが、酒類、総菜、店内調理パン、テナント品などは対象外となります。

西友は、地域でいちばん安いお店を目指し、これまでにも日用雑貨品、食料品など、様々な商品の値下げを行っていますが、さらなる攻めの姿勢を打ち出したことになります。

他社の広告を持っていくことでその値段で販売してもらえるというのは、スーパーではかなり画期的なサービス。反面、レジの煩雑化やトラブルにつながりそうな懸念もあります。それにより、サービスの質が低下するのでは意味がありませんが……

それと、個人的には、いちいち広告を持っていかなければならないのは面倒くさいという気もします。それよりも、常時安い商品を揃えてもらった方が消費者もありがたいとは思いますが、果たしてこのサービス、吉と出るのでしょうか。


生活

みんなでニュース for mobile