通販で医薬品が買えなくなる?

厚生労働省が、一部の医薬品についてネットの通信販売を禁止する法案を、2009年6月から実施しようとしています。

この薬事法施行規則改正案が通ると、これまで購入できていた医薬品の多くが通販で買えなくなる事態に陥ります。

医薬品

対象は、風邪薬、胃薬、便秘薬、痔の薬、妊娠検査薬など、1類・2類に分類される医薬品がネット販売禁止となります。

外出が困難な障害者の方、地方などで薬局が遠い方、仕事などが忙しくお店に行く時間がない方など、医薬品の通販を禁止されてしまうと、非常に不便な生活を強いられてしまうケースが増えてしまいます。

また、人前で購入することに抵抗のある商品も、ネットでこっそり買うことができなくなってしまいます。

今回の改正は、医薬品の危険性があまり認知されていないことによる処置のようですが(通販だと気軽に購入できてしまうため)、認知が薄いのであれば、その周知を徹底することに力を割けばいいのではないかとも思います。

舛添要一厚生大臣には、改正反対の嘆願書が手渡され、署名は既に10万人集まっているようです。なお、署名に関しては楽天でも受け付けています。

一般用医薬品の通信販売継続を求める署名

賛同される方は署名に参加されてみてはいかがでしょうか。


生活

みんなでニュース for mobile