家族でおもちゃやゲームを楽しもう

不況の影響などで、ここのところ外出を控える家庭も増えているようです。年末年始は外出を止めて、家で過ごすという人も多いかもしれません。

でも、家族の団らんは必要ということで、家で遊べるおもちゃやゲームに人気が集まっています。

2008年に発売40周年を迎えたボードゲームの定番「人生ゲーム」は、12月の出荷数が前年と比べて1.6倍に増えたとか。

おもちゃでありながら料理も楽しめるクッキングトイの売上も好調で、本物の海苔巻きが作れる「のりまきまっきー」は既に17万個を売り上げています。

また、中古ゲーム市場も活発で、利用する人も多く好調なようです。

これは、外で遊ぶにはお金が掛かるので、家の中で遊んでコミュニケーションを取ろうと考える人が増えているためでしょう。おもちゃやゲームなら低価格で済み、何度でも遊べるメリットもあります。

不景気の中でも、買い手側も売り手側も、いろいろ創意工夫を行って乗り切ろうという感じですね。


生活

みんなでニュース for mobile