赤い虫 の正体は タカラダニ

誰もが見かけたことがあるかもしれない赤い虫の正体は、タカラダニです。

赤い虫ことタカラダニは、5月〜7月くらいの初夏にかけて、玄関前や庭の石垣、コンクリート壁、ベランダなどに大量発生します。

赤い虫の大きさは1ミリ程度と小さいので、じっと目を凝らさないとわからないかも。蜘蛛のようでもあります。

タカラダニを駆除したいと思う方もいると思いますが、時間の経過と共に自然といなくなるので、あまり気にする必要はないかもしれません。

とはいえ、ダニはダニ。タカラダニは人間には無害ですが、家の中にでも入ってきたら気持ち悪くて仕方ありません。どうしても駆除する際は、殺虫剤を使ったり、水をまいたりする方法があります。ただ、害虫ではないので、できればそっとしておきたいですね。

赤い虫 タカラダニは、花粉を餌にしている、メスしか見つかっていないなどの生態がわかっていますが、完全には解明されていません。

また、潰すと赤いシミになって残ってしまう可能性があるので気をつけましょう。

情報元:京都府保健環境研究所


雑学・おもしろネタ

みんなでニュース for mobile