更新料 が 違法 ? 賃貸物件 の 家賃 はどうなる

先日、 賃貸物件 の 更新料 の支払い義務は 違法 であるとして、更新料の返還を認める判決が京都地裁で出されました。

賃貸物件の更新料が違法と認める判決は、全国でも初めて。賃貸物件の家賃にも影響を与えるかもしれないとして、波紋が広がっています。

更新料が違法?

京都地裁の判決は、更新料の存在理由について疑問を呈しているともいえる内容でした。

日本の賃貸システムは、地方によって多少異なるものの、疑問や義憤を感じる人は多いのではないでしょうか。

例えば、敷金・礼金というシステムに「何で?」「どうして?」という気持ちを抱く人は少なくないでしょうし、更新料についても、ついため息をついてしまいたくなるシステムです。

日本の賃貸システムは借り手側に優しくないのかもしれません。

ただ、今回の更新料を違法とする判決により、即、他の賃貸物件も同様に更新料が消えてなくなるのかというと、そんなことはないようですね。

また、更新料がなくなったとしても、その分家賃に上乗せされるだけという見方もあるようです。

いずれにしても、アパートやマンションを借りる際、あまりに余計な出費がかさむのも事実で、そのことに対して心から納得している人は少ないのではないでしょうか。

敷金や礼金がゼロの物件や、更新料がかからない物件もあるので、今回の判決を契機に、日本の賃貸システムが借り手側に優しく、より借りやすくなるようにシフトしていってくれるといいですね。


雑学・おもしろネタ

みんなでニュース for mobile