目覚ましが鳴る前に目覚めるのは危険?

朝、目覚まし時計が鳴る前に目覚めた経験は多くの人が持っているかもしれません。

そんな時は、スッキリと目が覚めたようで何となく気分もいいものですが、それは身体が過緊張状態にあり、良い状態だとは言えないようです。

目覚め

過緊張とは、その名の通り極度の緊張状態に陥ること。身体が緩めようにも緩められないほどの緊張に強いられている状態を指します。

仕事へ行かなければいけない、学校に行かなければいけないといったストレスが、過緊張状態を引き起こしていきます。

真面目な人に多い症状で、病気ではないものの身体が常に緊張状態にあるので、健康ではあるものの病気の一歩手前である未病の状態にあると言えます。

目覚まし時計が鳴る前に目が覚める、夜中に目が覚める、眠りが浅い、といった症状が続く場合は、身体が過緊張に陥っているかもしれません。

お風呂にゆっくりと浸かる、好きな音楽に耳を傾けるなど、自分なりのリラックス法でリラックスしていくことが大切。何かと考えすぎる傾向にある人は、少し気楽に考えてみるのもいいかもしれませんね。

情報元:J-CASTニュース


雑学・おもしろネタ

みんなでニュース for mobile