筑紫哲也さん、肺がんで逝去

NEWS23のメインキャスターとして活躍していた筑紫哲也さんが、2008年11月7日、肺がんのため亡くなりました。73歳でした。

葬儀は近親者のみで行い、後日お別れの会を開く予定です。

2007年5月14日のニュース23の番組内で、自ら肺がんであることを告白し闘病生活に入った筑紫哲也さんでしたが、番組への復帰は叶わず、帰らぬ人となってしまいました。

筑紫哲也(ちくしてつや)さんは、早稲田大学政治経済学部経済学科を卒業後、朝日新聞記者として活躍。その後1984年から3年ほど朝日ジャーナルの編集長を務め、1989年からはTBSのニュース番組「筑紫哲也 NEWS23」のメインキャスターに。その独特の切り口で周りにも影響を与えました。

賛否両論あり、過激な発言に叩かれたりとしましたが、自分の意見をしっかりと言える人が1人いなくなってしまったのは残念です。ご冥福をお祈りいたします。


芸能人

みんなでニュース for mobile