西武日本一、MVPは岸孝之

セ・リーグ覇者の巨人と、パ・リーグ覇者の西武との間で争われていたプロ野球日本シリーズは、最終7戦までもつれ込む大熱戦の末、4勝3敗で西武ライオンズが制しました。

西武ライオンズは4年ぶり13回目の日本一です。

【2008年 日本シリーズ】
第1戦 ●巨人1-2西武○
第2戦 ○巨人3-2西武●
第3戦 ○巨人6-4西武●
第4戦 ●巨人0-5西武○
第5戦 ○巨人7-3西武●
第6戦 ●巨人1-4西武○
第7戦 ●巨人2-3西武○

MVPに輝いた岸孝之(きしたかゆき)は、第4戦で日本シリーズ初登板初完封。さらに第6戦では、ロングリリーフで5回2/3を無失点に抑えて白星を挙げる大活躍でした。

西武日本一

第7戦に限っての個人的に感じたポイントは、同点に追いつかれた後、ランナー無しの状況で、越智が中村に対して敬遠気味にストレートのフォアボールで歩かせたこと。

全員一丸となって襲いかかってくる西武ナインに対して、こんな逃げのピッチングでは勝てないと思いましたが、結局その後逆転を許してしまいました。

7回にボカチカに対して見せた攻めの投球が8回もできていれば……という感じでしたが、ベンチも越智を引っ張りすぎたのかもしれません。まだまだ若いので、この経験を来期以降に生かせるように頑張ってもらいたいですね。

それにしても、渡辺監督1年目にしての日本一は素晴らしいとしか言いようがないです。

思い切りのいいバッターがそろっての打線の破壊力は投手には驚異ですし、かといって大技ばかりということでもなく、8回の同点劇を導いた片岡の激走は見事の一言でした。

実力的に伯仲していたと思いますが、結果的に見てしまうと、巨人はイ・スンヨプの不振と阿部の怪我が痛かったですね。


スポーツ

みんなでニュース for mobile