オグシオ コンビ解消

バドミントンのオグシオこと、潮田玲子、小椋久美子ペアが、全日本総合選手権を最後にコンビを解消することが明らかになりました。

北京オリンピック後、引退をほのめかしていた潮田玲子が現役続行を宣言したため、当然オグシオもコンビ継続と思われましたが、思わぬ形でのオグシオ解散となってしまいました。

小椋久美子が2012年のロンドン五輪を目指しているのに対して、潮田玲子はそういう気持ちになれなかった可能性が高いみたいですね。

見据えている目標が違うのであれば、コンビ解消もやむを得ないですし、今後の二人のためにも正しい選択であったと言えるでしょう。

北京オリンピックでは、中国ペアに惨敗してしまい、改めて世界の壁の厚さを突きつけられた感じでした。もう一度、オリンピックでオグシオの勇姿が見られるかとも思いましたが、そういう意味では残念ですね。

9年もの間、共に歩んできた二人。会見の中でも、二人にしかわからないいろいろな思いが駆けめぐったことと思います。

オグシオ人気で注目度の増したバドミントン。今後は新たなペアを見つけて、新しいバドミントン旋風を巻き起こして欲しいものです。


スポーツ

みんなでニュース for mobile