ハイチュウにゴム手袋 森永は自主回収

独特の噛み応えが特徴のお菓子「ハイチュウ」に、ゴム手袋の破片が混入したことを森永製菓が発表、商品の自主回収を行っています。

ゴム手袋破片が混入したと思われるハイチュウは、「グリーンアップル」と「グレープ」の一部製品です。

該当の商品の賞味期限が記載されているので、手元にハイチュウがある方はチェックしておきましょう。

原因は、ハイチュウの製造中、作業員が使用していたゴム手袋の一部が剥離して混入したと考えられています。

ただ、既に多くの商品は消費されている可能性が高く、健康被害はないと言っていますが、消費者の信頼をまたしても裏切る結果になってしまいました。

さらに、このことは9月の時点でわかっていながら、報告件数が少ないからと公表を控えていたようです。食の安全の問題が次々と明るみになってきてますが、保身のためなら消費者がどうなってもいいという企業がまたしてもでてきてしまったんでしょうか?

もちろん、消費者のことを第一に考える企業は数多くあると思いますが、これではどんどん利用者側の不信感が募っていってしまいます。度重なる不祥事に、利用する側にとっては本当に頭の痛い問題です。


食品・飲料

みんなでニュース for mobile