ドラえもん1巻 藤子・F・不二雄大全集

藤子・F・不二雄大全集 の ドラえもん1巻 を通販してみたので、感想・レビューなどを書いてみたいと思います。

小学館 藤子・F・不二雄大全集のドラえもんを購入しようかどうしようか、迷っている方は参考にしてみて下さい。

ドラえもんのコミックは、てんとう虫コミックスで全45巻が発売されていますが、これまで藤子先生が描いた作品全てが収録されているわけではないので、ファンからすると物足りない部分がありました。

個人的にも全話読みたいなあとは思っていて、てんとう虫コミックスを揃えるのは控えていたんですが、ファン垂涎ものともいえる藤子・F・不二雄大全集がついに登場しました。

ドラえもん1巻を見てみると、カラーイラストが4ページあり、50を超える作品が収録されています。本の厚さを測ってみると、何と5.2センチもありました。ドラえもんの辞書という感じですね。そのため、ちょっと読みにくいと言えば読みにくいです。

藤子・F・不二雄大全集のドラえもんは、学年繰り上がり方式が採用されているわけですが、読み進めていくと、同じ題材でも異なる内容の漫画が収録されていることに気がつきます。例えば、ドラえもんの記念すべき第1話は、3パターンあったんだということがわかって驚かされますね。

いずれにしても、今読んでも面白いドラえもんは、大人が読んでも子供が読んでも楽しめるマンガだというのは間違いないところです。ドラえもんファンなら是非とも全巻揃えたいと思わせる内容だと思います。


エンタメ

みんなでニュース for mobile