小公女セイラ 志田未来 主演でドラマ化

児童文学作品 小公女セーラ が、 小公女セイラ としてドラマ化されます。

主演は 志田未来 ( しだみらい )。14才の母で主演を演じた志田未来が、小公女セイラでどのような演技を見せるのか注目です。

バーネット原作の「小公女」は涙無しには語れない作品で、世界各国で読まれている児童小説。これまでに『ハウス世界名作劇場』でテレビアニメ化もされています。

原作の小説もアニメも、その描写は極めて過酷なものになっていますが、ドラマの小公女セイラでも、同級生からのいやがらせ等は辛辣なものになるようです。

いじめがテーマのドラマは、これまでにも数多く描かれてきましたが、小公女という世界の名作が原作ということで、期待も高まるところですね。

志田未来の演技にも定評があるので、セイラ役を充分に演じてくれるものと思います。

嫌がらせやいじめの部分をどのように表現していくのか、そして、それだけで終わらずに、爽やかな読後感をドラマでも描写することができるのか、要注目です。


エンタメ

みんなでニュース for mobile