緑のカーテン で ベランダ を彩ろう

緑のカーテン で ベランダ を彩る家庭が増えてきています。

NHK 趣味の園芸 でも取り上げられた 緑のカーテン (みどりのかーてん)とは、朝顔やヘチマなどのツルが伸びていく植物によって、カーテンのように自然の緑で覆うことを指します。

アパートやマンションのベランダはもちろん、一軒家の軒下などを緑のカーテンで覆うことで、夏でも涼しく過ごすことができます。

緑のカーテン

緑のカーテン の 作り方 に決まりはありませんが、ツルが伸びる植物であればOKです。一番ポピュラーなのはアサガオになるでしょうか。ヘチマ、ニガウリ、ゴーヤ、キュウリなど、その他にもたくさんあります。

この中ではヘチマの発育が最もいいですが、逆に成育が良すぎて日光が遮られすぎるという傾向もあるようです。日陰を作りたいならヘチマがおすすめです。

春の時期に、プランターの底に石を敷き詰め、土を入れて、種をまきます。上手に育ってツルが伸びてきたら、ネットを用意して補助してあげましょう。

緑のカーテンの効果は、とにかく涼しい!ということ。エアコンいらずで快適に過ごせるので、環境・エコの観点からも効果的な方法です。

育った花を見て心を和ませ、植物によっては収穫した実を食べることもでき、そして涼しい。今度の夏は、一石三鳥ともいえる緑のカーテンで過ごしてみてはどうでしょうか。

情報元:緑のカーテンを町中に広げよう!


自然・動物

みんなでニュース for mobile